呼吸療法認定士

3学会合同呼吸療法認定士の勉強~薬物療法~

第7章薬物療法

この章では薬の作用と副作用を中心に暗記していきます。
またどの疾患に対して使用されるのか覚える必要があります。

薬物は講習会では講義が行われない分野でもあるので
自己学習していく必要があります。

気管支拡張薬

  • β2刺激剤について(もっとも強力な気管支拡張薬)
  • 第一世代、第二世代
  • 主なβ2刺激役の種類
  • 経口、吸入、経静脈、皮下、貼付などの投与方法
  • LABAとLAMA
  • COPDに対する薬物療法
  • テオフィリンの作用
  • テオフィリンの代謝作用、副作用
  • 抗コリン剤のタイプ
  • どの疾患の第一選択薬か
  • 抗コリン剤の副作用、禁忌

鎮咳および去痰薬

  • 鎮咳薬の種類
  • 中枢性、末梢性鎮咳薬の違い
  • 去痰薬の作用、効果
  • 去痰薬の種類

副腎皮質ステロイド

  • 副腎皮質ステロイドの作用
  • ステロイド薬の副作用、適応疾患

抗微生物薬

  • 第一選択の抗微生物薬
  • 呼吸器感染症の発症部位と主な起因微生物
  • 各薬剤の副作用

まとめ

薬物療法は単純に暗記が必要な部分です。
逆にいえば考える必要はなく覚えればすべて点が取れます。

あいまいに覚えるのではなく、作用と副作用はしっかりと覚えましょう。

 

スポンサーサイト

-呼吸療法認定士