呼吸療法認定士

3学会合同呼吸療法認定士の勉強~気道確保と気道管理~

第12章気道確保と気道管理

この章は経口挿管、経鼻挿管、気管切開の違いの理解が重要になります。
気管挿管による合併症も毎年試験に出ています。

気道確保

  • 気道確保の方法(あご先挙上法、下顎挙上法)
  • 経口、経鼻、食道閉鎖式エアウェイ
  • ラリンジアルマスクの長所と短所
  • 気管挿管のおもな適応
  • 年齢と気管チューブの太さ、長さ
  • 気管挿管時に使用される薬
  • 経口気管挿管の基本手技と手順
  • 挿管困難例
  • 経口、経鼻挿管、気管切開も比較
  • 気管壁に及ぼす圧
  • 片側挿管の症状
  • 特殊チューブの種類
  • 気管チューブの狭窄、閉塞
  • 気管切開の合併症
  • 蘇生バッグとジャクソンリース回路の違い

気管内吸引

  • 気管吸引に必要な設備や器具
  • 閉鎖式吸引装置(トラックケア)
  • 気管内吸引の手順
  • 1回の吸引時間
  • 気管吸引時における観察点、注意点
  • 期間内吸引に伴う合併症

加温加湿と人工鼻

  • 気道通過中の加温加湿の様子
  • 人工鼻の交換時期
  • 人工鼻の使用が不適当な症例
  • 加温加湿および人工鼻使用時の問題点

まとめ

この章では前の章と重なる部分が出てきます。
逆にいえば復習の機会にもなります。

人工鼻の理解や気道確保などはしっかり覚えていきましょう。

 

スポンサーサイト

-呼吸療法認定士