呼吸療法認定士

呼吸を測定する意義とは何なのか?

呼吸とは?

呼吸とは体内に酸素を取り入れ、体内の各組織に酸素を受け渡し
二酸化炭素を受け取り、体外に二酸化炭素を排出することを言います。

呼吸には外呼吸と内呼吸があり
肺胞内の空気と血液とのガス交換が外呼吸
動脈と静脈など抹消でのガス交換が内呼吸といいます。

呼吸観察をする

評価には

  • 呼吸数
  • 呼吸の深さ
  • 呼吸のリズム
  • 呼吸音

などを見ます。

また自覚症状(呼吸困難感、倦怠感など)や
SPO2測定などもみる必要があります。

呼吸をしっかり見る

呼吸観察の中でも呼吸数や呼吸の深さ・リズムは
簡単に見ることができます。

特に呼吸数はガス交換に特に影響がある部分です。
呼吸数が増えると呼吸の深さは浅くなり
呼吸のリズムは早くなるため

呼吸数を見ることで
様々なことが見ることができます。

 

スポンサーサイト

-呼吸療法認定士